2017年03月31日

タオルを手放せない子どもの心理

■子どもを優しく見守る「安全基地」になる
こうして子どもが勇気を回復し、再び外界へと足を向けていけるように、いつも安定した態度で接してあげるのがいちばんです。
移行対象にしがみつき、不安を感じてお母さんのそばに戻ってくる子どもを抱きしめ、「大丈夫。怖くないよ」と囁いてあげるといいでしょう。
お母さんは、そんな子どもの姿を優しく見つめ、子どもが不安を感じたらすぐに戻ってこられる安全基地になって、近くにいてほほ笑みながら見守っていきましょう。
外の世界に自立していく子どもは、移行対象という安心材料を使いながら、外の世界にかかわる勇気を醸成しているのです。
無理やり移行対象から卒業させようとすると、逆に子どもはそれを手放せなくなってしまいます。
外界とのかかわりが増えていけば、自然に自分から手放していくので、心配はいりません。
けっして、移行対象を取り上げてはいけません。
子どもの気持ちを尊重し、したいようにさせておくのがいちばんです。
では、こうしたタオルやぬいぐるみに執着する子どもたちに、お母さんはどのようにかかわればいいのでしょう?


■外界にかかわる緊張感を和らげる
そこで母親に変わる安心感の源として、お気に入りのタオルやぬいぐるみなどの移行対象にしがみつき、複雑な気持ちを癒そうとするのです。
そのため、幼ない子どもはいつも複雑な気持ちでいっぱい。
その過程で子どもの心は、いままでの世界観を失う寂しさが生じ、外の世界への好奇心を感じつつ不安も強くなるという、両価的な感情を経験するのです。
同時にそれは、ファンタジックな全能感を失っていくプロセスでもあります。
しかし、成長と共に現実世界とのかかわりが増え、子どもは徐々に外界に適応していくようになります。
子どもが赤ちゃん時代に感じる世界は、お母さんに自分の欲求をすべて叶えてもらえる全能感にあふれたファンタジックな世界です。
移行対象子どもは移行対象を使って、赤ちゃんから続く安心に満ちた世界と外界の現実世界との中間地点での遊びを繰り返しながら、徐々に現実世界へと適応していきます。

■ライナスが抱える「安心毛布」も移行対象
タオルやぬいぐるみを肌身離さず持ち歩く子どもたちも、ライナスと同じ気持ちです。
そんな外界での緊張を癒し、お母さんのような安らぎを与えてくれるのが、ライナスの安心毛布。
気難し屋の姉ルーシーに疲れ、理屈屋のサリーからは恋心を寄せられ、子どもの世界でライナスは、いつもクタクタなのです。
このライナスの毛布は、「安心毛布」として世界中の話題を呼びました。
彼がいつも抱えている毛布が、まさにこの移行対象にあたります。
スヌーピーで知られる米国の人気漫画『ピーナッツ』のキャラクターに、哲学的でちょっとクールな男の子、ライナスくんがいます。

■ボロボロのタオルやぬいぐるみに“こだわる”子どもたち
したがって、赤ちゃんの頃からずっと使っているタオルや、おなじみのぬいぐるみなどが移行対象に選ばれやすいのです。
選ばれる物は、お母さんの安らぎや匂いが感じられる物が多いようです。
移行対象への執着は、お母さんと密着したやすらぎの世界から、外界に適応していく過渡期の子どもたちに見られる現象です。
このように、幼い子どもがこだわりを持つお気に入りの物を「移行対象」と呼びます。
どうしてそこまで執着するのかと、疑問を抱く方は少なくないのではないでしょうか。
なくすと火をつけたように騒ぎ出すので、お母さんはいつもヒヤヒヤ……。
お出かけ時も寝るときでもいつも一緒なので、タオルやぬいぐるみはすっかりボロボロ。代わりにきれいな物を与えても、見向きもしません。
幼い子どもたちが、お気に入りのタオルやぬいぐるみを肌身離さず持ち歩く姿をよく見かけます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。